ゆさくりの雑多ブログ

呪術廻戦や鬼滅の刃の解説・考察・感想や漫画・アニメの紹介の記事を主に書いております。時々サッカーの記事や雑記もあります!!

呪術廻戦 最新160話! 「結界(コロニー)」 【ネタバレ】【呪術廻戦】

f:id:vJAt0lb58CNc5AR:20211015222624p:plain




 

sansan1902.hatenablog.com

 

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

 

 

 

 

肌寒い風も吹いてきましたね。秋がどんどん近づいてきた気がします。

 

どうもゆさくりです。

 

今回は現在、大人気の呪術廻戦。前回159話はいよいよ死滅回游(しめつかいゆ)が始

 

まるというところで終わりましたが今回はどのような内容だったのでしょうか。

 

ネタバレご注意を!!

 

 

・呪術廻戦160話「結界」ネタバレ

 

「ごめんね」

 

「誰?」

 

杉沢第三高校の二年生であり、以前、虎杖が所属していたオカルト研究会の佐々木の前に羂索が突如現れます。

 

「ここに結界を張った術師だ」

 

「ここは選ばれたんだ。死滅回游(殺し合い)の場にね。」

 

「殺し合い??」

 

「自宅でそれは勘弁してもらえませんか?」

 

「あはは。面白いね、君は。」

 

羂索は話を続けます

 

「少し離れたところに刑場跡があるんだ。結界の中心はそこだよ。半径5,6キロってとこかな」

 

「かなり無理をして作った結界だからね。あまり理不尽な条件付けはできないんだ。」

 

「はじめから結界の内側にいる君たちには結界をでる権利が一度だけある。」

 

「君が望めば、目が覚めたら結界の外さ、どうする??」

 

「目が覚めたらって、これは夢なの?」

 

「夢と現実の間。呪い(まじない)さ」

 

羂索は佐々木に手を差し伸べます。

 

「気を付けて」

 

「ゆっくりだ。外にはもう気の早い連中がいる。」

 

2人が暗闇を抜けると呪霊がそこらじゅうにいる世界でした。

 

「そうだ。言い忘れるところだった。」

 

「息子と仲良くしてくれてありがとう。」

 

「佐々木!佐々木!」

 

羂索の言葉のあと、自分の名前を呼ぶ声を聞きます。

 

「佐々木!」

 

佐々木が目を覚ましました。

 

佐々木の名を呼んでいたのは同じオカルト研究会の井口でした。

 

「良かった~、知ってる奴いて!!」

 

「ここ、どこ?」

 

「勾当台(こうとうだい)と広瀬通りの間ぐらいだ。それより見ろ」

 

井口がとある方向に向かって指を差します。

 

「どう見るよ。オカ研として。」

 

井口の指の先には、巨大な壁が立っていました。

 

時は11月1日 06:02 場所は仙台結界(コロニー)

 

佐々木が再び話しかける。

 

「夢の話をしていい?」

 

「みんなしてるよ。ロン毛で袈裟の男だろ」

 

「じゃあ井口もされた?息子がどうのって」

 

「?いや、それは初耳だ。」

 

佐々木の頭には、とある人物の顔が浮かび上がります。

 

「虎杖?」

 

 

 



呪術廻戦単行本最新17巻の購入はこちらから!

 

呪術廻戦1巻、全巻の購入はこちらから!

 

アニメ「呪術廻戦」観るなら、Amazon Prime  Videoがおすすめ!

 

場面は変わって、虎杖たち。͡コガネを使って天使(来栖華)の情報を探していました。

 

「やっぱいねぇなー!!天使!!」

 

そう言う虎杖に対して伏黒とパンダが答えます。

 

「本名じゃないんだろ。オマエの宿儺みたいな。」

 

天元様は東京の東側。第2結界(コロニー)にいるっていってたな。」

 

3人に対して、前回159話で仲間になった秤が尋ねます。

 

「姿はわかってんのか」

 

「見ればわかるそうです。」

 

「大丈夫か?それ」

 

「ま、いいや。俺(秤)とパンダが東京第2。伏黒きゅんと虎杖が第1。綺羅羅は結界外で待機でいいな」

 

秤がこれからのグループ分けを行いました。

 

「根拠は?」とパンダが聞き返します。

 

「得点だけを見れば一番強い鹿紫雲(かしも)と俺がやんのが順当だろ。」

 

「えー。私だけ仲間外れ??」

 

綺羅羅は少々不満げな様子。

 

「パンダは鼻が利くから天使探しに注力しろ」

 

「乙骨から連絡ねえってことは結界の中ジャ携帯は使えねぇ」

 

「外の状況を把握できる奴はいた方がいい。」

 

「はぁい」

 

しぶしぶ了承する綺羅羅。

 

「待って。俺(虎杖)と伏黒は別の方がいいかも。宿儺が」

 

「うるせぇ」

 

「うるせぇ!?」

 

オウム返しで返事する虎杖。

 

「こっちは心配してやってんだろ。」

 

「オマエそれ何回言うつもりだ?面倒くせぇ、時間のムダだ」

 

「あ?」

 

「あ?」

 

「ケンカすんな」

 

 

 

場面変わって、時は11月12日 12:00 場所は東京

津美紀(つみき)の死滅回游参加宣誓期限まで7日と12時間

 

綺羅羅以外の4人は結界の前に立っていました。

そこにコガネが現れます。

 

「よぉ 俺はコガネ!!」

 

「この結界の中では死滅回游って殺し合いのゲームが開催中だ!!

一度足を踏み入れたらオマエも泳者!!」

 

「それでもオマエは結界に入るのかい!?」

 

「あぁ」

 

 

とこんな感じで呪術廻戦第160話「結界」は終わります。

 

 

・感想

まさか、まさかオカルト研究会の二人が再登場するとは思わなかったですね。二人とも元気そうでなにより、ですが再登場シーンが羂索との対面とは...(笑)

 

とうとう羂索本人から確証が得られましたね!

虎杖の母は羂索だった(もしくは羂索は虎杖の母の身体を乗っ取っていた)

ということが羂索のセリフから明らかになりました。

一方虎杖たちのこれからの動きがわかりましたが、秤とパンダは鹿紫雲がいる東京第2コロニー、虎杖と伏黒は津美紀日車がいる東京第1コロニーへと向かうことが決定しました。

恵と津美紀がとうとう対面することになりそうですが、なんとかどちらともこの殺し合いのゲームから生還してもらいたいものです。

また鹿紫雲もすでに200ポイント稼いでいる強者。秤との戦闘が予想されますが、今後の活躍も観たいので、秤にもなんとか生きてもらいたいです。

ただし気がかりなのは鹿紫雲が宿儺を探していること。それぞれ違うコロニーでの活動が決まった中でどのような展開になるのか。今後の展開が楽しみです!!

 

※追記

ひっさしぶりに喋ってる羂索が見れてよかったです。

 

本日の投稿は以上となります!最後まで読んでいただきありがとうございました!!

他の記事もぜひ読んでみてください!

 

・呪術廻戦単行本最新17巻の購入はこちらから!

 

呪術廻戦1巻、全巻の購入はこちらから!

 

電子書籍ebookがおすすめ!!

他ジャンルの過去記事はこちらから!

 

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com