ゆさくりの雑多ブログ

呪術廻戦や鬼滅の刃の解説・考察・感想や漫画・アニメの紹介の記事を主に書いております。時々サッカーの記事や雑記もあります!!

虎杖の母がついに確定!羂索だった...!【呪術廻戦】

f:id:vJAt0lb58CNc5AR:20211015222624p:plain



 

 

呪術廻戦の過去記事はこちらから↓

 

 

sansan1902.hatenablog.com

 

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

sansan1902.hatenablog.com

 

 

9月27日発売週刊少年ジャンプで掲載されている呪術廻戦第160話「結界」

 

死滅回游にいよいよ虎杖、伏黒、パンダ、秤の4人が参加する、というシーンで終わっ

 

た今話ですが、ある重要な事実がついに確定しました。虎杖の母に関してで

 

す。

 

・143話で初登場した虎杖の母

143話で初登場した虎杖の母。虎杖が乙骨の攻撃によって気を失っている間に回想チッ

 

クに描かれたシーンです。

 

虎杖の祖父侘助が虎杖の父親らしき人物の話しかけます。

 

「仁」(虎杖父の名前)

 

「何ですか、父さん。彼女の話をするなら帰りますが。」仁はそう返答します。

 

「仁、オマエがどう生きようとオマエの勝手だ。だが、あの女だけはやめとけ。死ぬぞ。」侘助はそう返します。

 

悠仁の前で変な話はやめて下さい。案外覚えているそうですよ、赤ん坊の記憶。」

侘助の忠告を受け流す仁。

 

「オマエが子供を欲しがっていたことも香織との間にそれが叶わなかったことも知ってる。だが、香織が死んだのは。」

 

お義父さん、なんの話ですか?」

 

侘助の話を遮るように、会話に入ってきたのは虎杖の母らしき人物。

 

 

しかし彼女には額に縫い目のような跡があったのです。

  

 

読者からは「縫い目があるってことは虎杖のお母さんは羂索ってこと?」

「でも縫い目が薄いけど...。」とかなり話題になりました。

 

呪術廻戦単行本最新17巻の購入はこちらから!

 

呪術廻戦1巻、全巻の購入はこちらから!

 

電子書籍読むならebookがおすすめ!

 

・虎杖母=羂索 確定!!

そんな中、第160話、久しぶりに羂索が登場しました。それよりもっと久しぶりの登場

 

となったオカルト研究会の佐々木との会話が始まります。

 

どうやら佐々木は結界が設置された場所に元々いたようです。

 

夏油「はじめから結界の内側にいる君たちには結界をでる権利が一度だけある。」

 

夏油「君が望めば、目が覚めたら結界の外さ、どうする??」

 

佐々木「目が覚めたらって、これは夢なの?」

 

夏油「夢と現実の間。呪い(まじない)さ」

 

羂索は佐々木に手を差し伸べます。

 

夏油「気を付けて」

 

「ゆっくりだ。外にはもう気の早い連中がいる。」

 

2人が暗闇を抜けると呪霊がそこらじゅうにいる世界でした。

 

夏油「そうだ。言い忘れるところだった。」

 

「息子と仲良くしてくれてありがとう。」

 

 

 

 

杉沢第三高校のオカルト研究会所属の佐々木。オカルト研究会に所属しているのは佐々

 

木と井口の二人。では所属して「いた」のは?佐々木と関係のある人物なおかつ、羂索

 

息子と呼ぶ人物。そう、息子=虎杖悠二つまり虎杖の母親=羂索

 

 

ということが、羂索のセリフによってついに確定したのです。

 

 

・まとめ

いかがだったでしょうか。虎杖の親であることは、143話以外にも示唆されているシー

 

ンはありましたよね。133話での「我ながらさすがと言うべきか。宿

 

儺の器、タフだね」という羂索のセリフからも、羂索が虎杖と何かしら関係

 

があることが推測されていました。今回、それがいよいよ確定したということで、ただ

 

ただ羂索の用意周到な様、感嘆するばかりです(笑)。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!!過去の記事もぜひ読んでみてくだ

 

さい!

 

呪術廻戦単行本最新17巻の購入はこちらから!

 

アニメ「呪術廻戦」観るなら、Amazon Prime  Videoがおすすめ!