ゆさくりの雑多ブログ

呪術廻戦や鬼滅の刃の解説・考察・感想や漫画・アニメの紹介の記事を主に書いております。時々サッカーの記事や雑記もあります!!

今週のビックマッチ トットナムvsチェルシー プレビュー 【サッカー】【欧州サッカー】

f:id:vJAt0lb58CNc5AR:20211017015821p:plain



 

今週のプレミアリーグ、一番のビックマッチは間違いなくトットナムvsチェルシーのロンドンダービーでしょう。3連勝の後、前節に0-3の完敗を喫したトットナムと、リヴァプールアーセナル戦を1勝1分で終え、3勝1分と好調状態になるチェルシー

2チームの状態と注目選手について取り上げていきます!

 

トットナム

トットナムは4試合を終えて、3勝1敗の7位。開幕戦で王者マンチェスターシティにソンフンミンの値千金のゴールで1-0で勝利したものの、2.3節はいずれもウルブスとワトフォードに1-0と辛勝。続く4節はクリスタルパレスに0-3で完敗。退場者がでたとはいっても痛い敗戦となりました。

不安材料は多い。まずは今夏、シティへの移籍が噂されていた大エースであるハリー・ケインの残留が決定。実に喜ばしいニュースなのですが、リーグ戦ここ3試合でノーゴール。そろそろ一発を期待したいところですが、メンタル面は大丈夫なのでしょうか。移籍が破談になったことでのモチベーションの低下も心配です。

また、ソンフンミンとエリックダイア―がいずれもふくらはぎ、足を痛めている状態で、今節の出場が危ぶまれています。チームの準エースであるソンが欠けることはさらにケインへの負担が増えることを意味します。エースの真価が問われそうです。

但し、ロチェルソやダビンソンサンチェスといったメンバーがチームに復帰するのは吉報と言えるでしょう。

決して万全とは言えない状況で、今シーズン二度目のビック6との試合。チーム全体としての勝利への執念が見たいところです。

 

注目選手:あえてのヌーノ(監督だけど)

ハリー・ケインの調子がチームの命運を担っていることは明らかなのですが、あえてのヌーノ監督に。ジョゼモウリーニョ、ライアンメイソンの後を引き継いだヌーノ監督。授記には書かなかったのですが、ベルフワインもルーカスモウラも負傷欠場。以上4人を欠いた中での決戦となります。今週のチェルシ―戦後、月末にはアーセナルとのダービーマッチも控えております。アーセナルも泥沼状態とは言え、ここ2試合は白星を挙げていますし、ダービーにかける思いも強いでしょう。この難局を乗り越えることができるかどうかは、監督ヌーノの力量にかかっていると言えるでしょう。すばらしい采配を期待したいです。



 

チェルシー

4試合を終えて3勝1分。まずまずの滑り出しを見せているチェルシー。暫定4位ではありますが、この試合に勝てば、勝ち点では首位リヴァプールに並ぶことになります。得点9、失点1と、攻守ともに順調なスタートを切ったと言えるでしょう。特に第3節のリヴァプール戦では前半終了間際でリースジェームズが退場するという緊急事態を迎えますが、敵地でなんとか引き分けに持ち込みました。

チーム得点王は今シーズンに復帰したベルギー代表ロメルルカク。3得点を挙げています。が、得点面に関して、ルカクに頼っているというわけではなく、カイハヴェルツやマルコスアロンソ、プリシッチなどいろんなポジションから得点の狙えるチームとなりつつあります。

更にはチームの支柱、エンゴロカンテがトットナム戦から復帰すると見込まれています。

気がかりなのはプリシッチの欠場でしょうが、プリシッチの不在を差し引いてもチェルシーの優勢が失われそうにはありません。

 

注目選手:ヴェルナー

「は?」と思った方、申し訳ありません。完全に私情です(笑)。どう考えてもキーマンとなる選手は今のところ全試合に出場している、UEFA欧州最優秀選手賞を受賞したジョルジーニョ、マルコスアロンソ、今夏獲得した目玉選手ルカクでしょう。彼らのパフォーマンスの出来具合が、試合結果を大きく左右します。

ですが私はヴェルナーに期待したい。昨シーズン、大きな期待を寄せられて獲得された彼は期待されていたほど結果を残せず、TwitterTiktokのネタにされることが多かった(それでもPL,CLで10得点は記録しました。物足りないけど)。今シーズンも開幕戦には出場したものの、ルカク加入以降はベンチを温めています。ただしポテンシャル的にはチェルシーで活躍できないものではないと思います。スピードもあり、ライプツィヒ時代のゴール嗅覚が戻ればかなりの戦力になるでしょう。

移籍市場ではバイエルンや、来夏の移籍が噂されるハーランドの後釜を確保したいドルトムントが狙っているといううわさもあります。ただ、チェルシーがここでヴェルナーを放出すると、PL優勝、ましてはCL連覇もかなり難しいでしょう。ローマにタミーアブラハムを放出した今、ハドソンオドイが控えているとは言えども、ルカクへの負担が大きすぎる。またルカクとヴェルナーの2トップや、ヴェルナーにサイドを任せるという選択肢もアリでしょう。むしろ前者はかなりいいオプションになるのではないでしょうか。

このようなオプションをトゥヘル監督が選択することを決心するためにも、ヴェルナーの奮起が必要不可欠です。

 

 

まとめ

おそらくチェルシー優勢の試合運びになりそうな気がします。

3-1でチェルシー勝利かな(なんの確証もありません(笑))

皆さんはどう予想しますか?コメント欄で示していただけると嬉しいです!