ゆさくりの雑多ブログ

呪術廻戦や鬼滅の刃の解説・考察・感想や漫画・アニメの紹介の記事を主に書いております。時々サッカーの記事や雑記もあります!!

名将ジョゼ・モウリーニョの金言・名言10選

f:id:vJAt0lb58CNc5AR:20211017015821p:plain



長い歴史と世界的人気を持つサッカーでは少なからず「名将」と呼ばれる監督が核時代に登場しました。現代サッカーにおいては、ペップ・グアルディオラユルゲン・クロップカルロ・アンチェロッティジネディーヌ・ジダンなど。

しかしながら21世紀、最もメディアや人々の注目を集めた名将としてジョゼ・モウリーニョを挙げることに関して、異論を唱える人は少ないのではないでしょうか。

FCポルトインテルで2度、チャンピオンズリーグで優勝し、渡り歩いたクラブで数々のタイトルをもたらしてきた事実から名将であることは間違いありません。

加えてたびたび発せられる彼の歯に衣着せぬ発言は人々の関心を惹きつけてきました。

今回は、そんなモウリーニョの金言・名言を10個ほどとり上げていきます。

 

 

楽天Amazon1位!Youtuberも絶賛の大トロ牛たん、お肉のお取り寄せグルメ【伊達のくら】

 

1.基本情報

本名:ジョゼ・マリオ・ドス・サントスモウリーニョ・フェリックス

生年月日・1963年1月26日(2021年9月16日現在58歳)

身長・体重 176㎝・74㎏

選手時代の活躍がほとんどないところもモウリーニョの特徴の一つです。

 

在籍クラブ(監督として)

ベンフィカ          2000    

ウニオン・レイリア      2001~2002

FCポルト           2002~2004

チェルシー          2004~2007

インテル           2008~2010

レアル・マドリード      2010~2013

チェルシー          2013~2015

マンチェスター・ユナイテッド 2016~2018

トットナム          2019~2021

ローマ            2021

 

獲得タイトル

プレミアリーグ         3回

FAカップ            1回

リーグカップ          4回

FAコミュニティシールド     2回

セリエA            2回

スーペルコパイタリアーナ    1回

コッパイタリア         1回

ラリーガ            1回

コパ・デル・レイ        1回

スーペルコパ・デ・エスパーニャ 1回

スーペル・リーガ        1回

UEFAチャンピオンズリーグ    2回

UEFAカップ           1回

UEFAヨーロッパリーグ      1回

平日11時までの注文で即日発送。送料無料。

 

2.名言

 

1.自分が世界一だとは思わない。だが、私よりも優れた監督が見当たらないのも事実だ。

(常にメディアやファンの前で自信満々、時には傲慢とまで評されるカリスマらしい名言)

 

2.ピッチの上に年功序列は存在しない。18歳も36歳も同じひとりのプレーヤーであり、それ以上でもそれ以下でもない。同じピッチで同じボールを負い、同じ責任を負う。

 

3.頂点への近道など存在しない。

(頂点を極めたモウリーニョだからこそ説得力のある言葉ですね。)

 

4.電気より蒸気より原子力より大きな動力源がある。それは「意思」だ。

(モチベーターとして超1流のモウリーニョの金言。これは上司や教師、先輩が部下や生徒、後輩を扱う際に「意思」を重要視するのも一つの手かもしれませんね。)

 

5.選手だろうが監督だろうが、個人がスターになるべきではない。スターになるのはチームなのだ。

(ワンマンチームよりもチームワークを主軸としたチーム。昨今のサッカーも、王様一人が主役であとは脇役、といったチーム編成よりも、全員が守備、攻撃を担う全員サッカーが基本になっていますね〈パリの前線は果たして守備をするのでしょうか…〉)

 

 

 

 

6.私は1000万人の監督がいる国で生まれ、現在は4000万人の監督がいる国で指揮を執っている。

 

7.どの国にも独自の文化があり、おのずとサッカーも異なる。「これが私のサッカーだ。」と押し付けてはならない。

 

8.私の人生哲学はサッカー哲学に似ている。それは正直、率直、明確、そして野心的であるべきということ。

モウリーニョの人生哲学ですが、これは私たちが生きていく上でも参考にできそうですよね。)

 

9.遠くから眺めるのと、その中で生活しメンタリティに触れ、チームが勝つために何を必要としているのかを理解するのは全く別だ。

 

10.私はスペシャル・ワンだ。

一度目のチェルシーの監督への就任の際に放った名言。当時は懐疑的な目で見る人々も少なからずいましたが、結果としてリーグ優勝。チェルシーに勝者のメンタリティを植え付けたのは他の誰でもないジョゼモウリーニョでしょう。

 

 

 

 

 

3.まとめ

いかがだったでしょうか。どれか一つでも皆さんの心に刺さる名言があったのであれば嬉しいです。

ここ数年、あまり成績の残せていないモウリーニョ。新天地のローマではリーグ戦開幕から幸先いいスタートを切れているだけに、このままの調子で『スペシャル・ワン』の威厳を取り戻してもらいたいものです。

個人的に一番好きな監督なので、名言をまとめるのも楽しかったです。

 

このブログでは主にスポーツ選手の名言や漫画やアニメの記事などについて投稿していきますので、良かったらごひいきしていただけると幸いです!